ゆうゆう窓口の速達はいつ届く?深夜や土日祝日の場合はどうなる?

ゆうゆう窓口の速達はどれくらいの日数で届くのか気になります。速達ということで、普通郵便よりも早く届くのは分かるがどのくらい早く相手に届くのか。さらに、深夜預けた場合や、土日祝日でも配達してくれるのか気になります。そこで今回、ゆうゆう窓口の速達はいつ届くのか?深夜や土日祝日の場合でも配達しているのか調査しました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

普通郵便と速達の違いは?

 

普通郵便と速達では、料金が例えば一番軽い250gまでの場合は、基本料金にプラスして250円ほど高くなります。

 

荷物が重くなればなるほど料金も高くなってしまうわけです。

 

そして配達に関しては、ポストに普通に入れられるのが普通郵便で、玄関まで届けてくれるのが速達といった違いもあります。

 

速達なのだから配達スピードも普通郵便よりもかなり早いのではないかと思うかもしれませんが、実はタイミングによってはそれほど大きな違いがない場合もあります。

 

一般的な郵便は、朝とお昼と夕方に回収されます。

 

これは速達も同じなのですが、普通郵便の場合は午前中の朝の回収までにポストに投函しておけば、その日のうちに郵送ルートに乗せられるので早ければ次に日に着いたりするのです。

 

お昼以降は次の日になるので多少時間がかかります。

 

一方で速達の場合は、回収されるとすぐに郵送ルートに仕分けされるので早く配達してもらえるます。このようにタイミングによる違いがあります。

 

 

 

スポンサーリンク

ゆうゆう窓口に速達を出した場合はいつ届く?

 

 

ゆうゆう窓口は時間外に対応してくれる窓口の事で、切手の販売だけでなく郵便物の受取等も行っています。

 

通常、一般の郵便物の場合は、同一都道府県内であれば翌日、また近隣の都道府県でも翌日となっています。

 

さらにゆうゆう窓口は速達も扱っており、その場合は持って行った時間によっても対応は変わりますが、基本的に持って行った翌日、もしくは翌々日には相手先に届く形となっているので、急いで届けて欲しい時でも使い勝手の良いサービスと言えるでしょう。

 

しかし、実際に速達を出した場合にいつ届くと言う事は、その郵便局のシステムでも必要な日数は大きく変わってくる為、一概にこの日に出せばこの日になると言う事は分かりません。

 

その人の利用するゆうゆう窓口によって必要とする日数は変わってくる為、いつ届くか気になる場合は予め聞くと言う事も重要になってきます。

 

そうすれば翌日なのか、翌々日なのかと言った事をその場で教えて貰う事が出来るからです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

深夜や土日祝日の場合はどうなる?

 

 

 

 

コメント