御霊前の金額の書き方や入れ方は?【三千円・五千円・一万円】

暮らし/悩み

 

 

お通夜や葬儀、法要など急に参列することになりマナーなどがわからずどうしたらよいか悩む人も多いです。お通夜・葬儀、法要へ参加するときに持参するのが香典です。香典は本来、故人の遺族を経済的に助けるという意味があり、様々な決まり事があります。 今回は、御霊前の金額(三千円・五千円・一万円)の書き方や入れ方についてまとめましたので、参考にしてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

御霊前の金額の書き方は?

 

葬儀やお通夜などに参列する際に必要となる不祝儀ですが、実は宗教や宗派によって表書きに違いがあります。

 

しかし故人がどんな宗教かまで把握している人も多くはないでしょう。そんな時に使えるのが「御霊前」です。

 

どの宗教にも共通して使えるので、仏教はもちろんのこと、キリスト教でも御霊前を使っても問題ありません。

 

ただし仏教では四十九日までしか使えないので注意しましょう。

 

金額の書き方ですが、一般的にはお金を入れる中袋に書きます。

 

中袋によっては金額を書くスペースが印刷されているので、その場合にはそこに書けば良いのですが、ないものは表面に「金〇〇圓」というように書きます。

 

ご祝儀でも不祝儀でも同じですが、金額を書くのは基本的に旧式の漢数字です。

 

三千円の場合には「金参千圓」と書き、五千円であれば「金伍千圓」、一万円であれば「金壱萬圓」というように書きます。

 

全部の漢字を旧式で書かなければならないわけではないので、最後は「円」と書いたりしても問題はありません。

 

 

 

スポンサーリンク

 御霊前の入れ方は?(お札の向き)

 

御霊前にお金を入れる際には、お札の向きや入れ方に注意しなければなりません。

 

間違えればマナー違反となりますし、非常識だと思われてしまう可能性もあります。正しいやり方を理解して相手に失礼のないようにしましょう。

お札の向きですが、まず表面に人物が印刷されていない面がくるようにし、裏面には人物が印刷されている面がくるようにします。

 

そして封筒からお金を出したときに、いくらなのかがすぐに分かるように金額が印刷されている方を上にします。

 

お札の入れ方はとても大切なのですが、それだけではなくお札の状態にも気を付けることが大切です。

 

結婚式などのお祝い事の場合は、前から祝うことが分かっていたという意味もあり新札を用意します。

 

しかし不祝儀に関しては突然のことで新札を用意する暇もない、というのを表現するためにも、新札以外を用意しなければなりません。

 

新札を入れるとまるで死を待っていたというような意味にとらえられるので注意しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

御霊前の入れ方は?(中袋なし)

 

御霊前は一般的に中袋に入れ、その後に外包みで包むようにします。

 

しかし中には中袋がないという場合もあります。それは地域によっては「不幸が重なる」ということを連想させるため、あらかじめ中袋は売らないようにしているからです。

 

不祝儀をたくさんの人からもらうと、誰からもらい、更に誰にお返しをしなければならないのかという管理が難しくなります。

 

そのため必ず御霊前に名前と住所、金額を記載する必要があるのですが、中袋なしの場合には外包みに書きます。

 

外包みの裏の左下あたりにまとめて記入しておけば問題ありません。

 

どうしてもお札を裸の状態で外包みに入れるのは気が引けるという場合には、半紙でお金を包むと良いでしょう。

お札の入れ方は中袋に入れるときと同じです。

 

ただ中袋はお札のサイズに合わせて作られていますが、外包みサイズが大きくなってしまいます。新札ではないので完璧にそろえるのは無理だとしても、できるだけ四隅をそろえて綺麗に包むように心がけましょう。

コメント