事件

土谷正実(つちやまさみ)の両親や婚約者の現在は?天才の生い立ちを調査!

投稿日:2018年10月3日 更新日:

寡黙で温厚、そして頭脳明晰。天才と呼ばれた土谷正実(つちやまさみ)元死刑囚。オウム真理教で「クシティガルバ」というホーリーネームで呼ばれた。土谷正実がいなければ、史上最悪のテロ「地下鉄サリン事件」が起きなかったのかもしれない。今回は、土谷正実の生い立ちや両親や婚約者についてまとめていた。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】

土谷正実の生い立ちは?

 

土谷正実は、東京都町田市で生まれで、家庭は裕福だった。

両親と5歳下の妹、7歳下の弟の5人家族

 

驚いたことに子供の頃はネクラで地味、母親から非常に可愛がられてどこに行くにもついて回ったという。

 

町田市立南中学校に入学するとクラスの人気者になる。

 

東京都立狛江高等学校に進学し、ラグビー部に入部。

 

ラグビーに打ち込み、主要選手として活躍した。

 

この頃の性格は明るくひょうきんで、同級生にも後輩にも好かれていたというから子供の頃とは別人のようになっていた。

 

高校卒業後は、一浪して1984年に筑波大学第二学群農林学類へ進学。

 

当然のようにラグビー部に入部。

 

しかし、入部早々にケガをしてしまい5月末には退部を選択せざるを得なくなって、自暴自棄になり酒浸りの毎日を過ごしていたという。

 

筑波大学卒業後は筑波大学大学院化学研究科へ進学。

 

大学院では有機物理化学研究室に入室し、炭化水素の光化学反応を研究。

 

博士課程に進んだがオウムにのめり込んで研究室へ顔を出さなくなり、1993年に正式に中退した。

 

【スポンサーリンク】

オウム真理教に入信した経緯

1989年2月、同乗していた車が交通事故を起こして鞭打ち症を患い、医師の勧めで水戸市内のヨーガ教室へ足を運び出す。

 

1989年4月22日、友人から麻原彰晃説法会に誘われた。説法は遅刻して聞き損ねたが、科学に詳しい村井秀夫に興味津々になり、村井の勧めに従い同日世田谷道場を訪れた。

 

「ここなら本格的なヨーガの修行ができる」

 

と、宗教団体との認識を持たずに入信したのがきっかけだった。

 

 

土谷正実は両親を恨んでいた!

 

オウム真理教に入信した頃に、母親は心配で脱会するように説得したが失敗に終わってしまった。

 

オウム真理教に入信する条件として、

・他人を絶対勧誘しないこと

・毎月実家に帰ること

・修士はとること

と約束した。

 

この頃の土谷正実は、世田谷道場や水戸支部へ通い詰め、高い値段のオウム教材購入やセミナー参加料の出費により教団への借金がかさんだ為、学習塾、家庭教師、警備会社、豆腐屋と朝から晩までアルバイトに明け暮れる毎日。

 

また、「1日1食、睡眠3時間」の教えを実行しながら車のハンドルを握って交通事故を繰り返していたためにアルバイト先の学習塾生徒の親からお金を貸りたりもしていた。

 

稼いだバイト代を全額教団につぎ込んで、正しい思考能力をだんだんと失っていったようだ。

 

周囲の人に借金をしたり、学習塾講師・家庭教師の立場を利用して生徒の中高生何人かをオウム真理教に入信させていたことが両親の耳に入った。

 

両親はまたしても脱会するようが説得するが上手く行かず、「現代のお助け寺」として認知される茨城県の更生施設「仏祥院」に脱会をお願いした。

 

土谷正実は、仏祥院の独居房「反省室」に拘束された。

 

しかし、実家の電話をオウムが盗聴しており、土谷が仏祥院に居ることがオウム真理教にバレてしまった。

 

ここから土谷正実の奪還を巡ってオウム真理教との激しい攻防が繰り広げられた。

 

オウム真理教は、土谷正実の実家近辺に「土谷正実くん不法監禁される!」という中傷ビラが撒かれ、教団が土浦警察署に不法監禁の訴えを出した。

 

さらに、実家近隣300軒、父親の勤務先、仏祥院近辺にも中傷ビラが撒かれた。

 

「家に火をつけるぞ!」という中傷電話・無言電話がかけられ、妹が脅えるほどであった。街宣車を5台結集させて仏祥院に連日のように押しかけ、解放を要求した。

 

結局、土谷正実は1991年9月5日にオウム真理教に出家した。

 

サリンを作ったのは、土谷正実。もしこの時に土谷正実が脱退していれば、史上最悪の無差別テロ「地下鉄サリン事件」は起きなかったのかもしれない。

 

 

 

土谷正実の両親のその後は?

 

土谷正実の父親は地下鉄サリン事件の直後に亡くなっている。

 

母親もほとんど家から出ることがないという。

 

事件加害者の家族のほとんどは、

・引っ越し

・まともに職に就けない

・自ら命を立つ

・離婚

 

など、普通の生活を送れなくなる人も少なくない。

 

加害者の家族もまた被害者になるという現実。

 

2006年以降、洗脳が解けたあとに「オウム真理教家族の会」会長の永岡弘行や、幼馴染の大石圭を通じて家族との和解を試みるも、最後までかなうことはなかったという。

 

 

 

土谷正実は婚約者と獄中結婚していた!

 

土谷正実は、婚約者と2009年12月に獄中結婚している。

 

死刑囚の結婚の場合、死刑確定後は面会が制限されるため、支援者が死刑囚と結婚をして配偶者や親族として面会することができる。

 

土谷正実と幼なじみだった作家の大石圭さんによると死刑執行後、遺骨は婚約者だった嫁が引き取ったといいます。

 

嫁は一般人なので、名前や顔画像は公表されていない。

 

 


 

オウム真理教の信者だった芸能人はコチラ

 

【スポンサーリンク】

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小松徳子の顔画像は?容疑は男性をボンネットに乗せたまま車を走らせたってマジ?

神奈川・小田原市で、騒音を注意しようとした近所の男性に車を衝突させるなどして殺害しようとしたとして、小松徳子容疑者が逮捕されました。今回は小松徳子容疑者の顔画像や事件のあらましについてまとめました。 …

no image

宮崎勤事件・家族や妹の現在が悲惨!【宮崎勤一族の末路まとめ】

10月7日放送 の土曜プレミアムで、1988年~1989年に起きた「東京埼玉連続幼女誘拐事件」がドラマ化されます。 番組では、犯人の宮崎勤元死刑囚が犯行を語る肉声を 入手し、その肉声を公開するとともに …

上原暢と堀田井良史のネタバレサイトはどれ?ジャンプ早売り店を調査!

    熊本県警などは人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」などの画像を、「週刊少年ジャンプ」の発売日前にネタバレサイトに掲載したいたとして、堀田井良史(ほったいりょうじ)上 …

no image

菊池誉司の顔画像や運送会社はどこ?ドライブレコーダーのデータがないってマジか?

徳島県鳴門市の徳島自動車道で8月25日に2人が死亡、14人が負傷した追突事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で松山市のトラック運転手、菊池誉司(きくちたかし)容疑者が逮捕された。今回は、菊池誉 …

no image

竹田純代(紀州のドンファン家政婦)の名前や顔画像が判明!家族も調査!

紀州のドンファンこと野崎幸助さんの急死で、家政婦と嫁・モデルS(さっちゃん)が話題になっています。家政婦の名前や顔画像がテレビ出演し、判明しました。名前は竹田純代(たけだすみよ)さんで。今回は、紀州の …