橋本健神戸市議が政務活動費(700万円)を着服か?チラシを作成した大林印刷とは?

ニュース

 

23日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」で、自民党の今井絵理子参院議員との不倫疑惑の渦中にいる神戸市議会の橋本健市議に浮上した政務活動費(700万円)を着服疑惑について伝えた。「週刊新潮」によるとチラシ(ハシケン通信)の作成を請け負ったのは、大林印刷(仮名)だと言う。今回は、橋本健神戸市議と大林印刷との関係を調査してみました。

 

 

 

 

「グッディ!」では、23日発売の「週刊新潮」で「政策チラシ700万円分の架空発注疑惑」が報じられた橋本神戸市議を22日夜に直撃した。

 

取材に対応した橋本市議は、タクシーに乗り込みながら「事実ではないということは明確に言わせていただく。事実関係を私もちょっと確認させていただいてちゃんと証明したい」と報じられた疑惑について否定した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-00000118-sph-ent

 

 

スポンサーリンク

政策チラシ700万円分の架空発注疑惑とは?

 

自民党兵庫県連関係者によると、橋本市議が得ていた政務活動費に関して、架空発注疑惑があるという。

 

政務活動費とは

地方議員に対し、調査や研究、広報活動に役立てる経費として、自治体が支給する費用

 

そういえば、号泣で話題になった野々村竜太郎・兵庫県議もこの政務活動費を不正受給したことで問題となりましたね。

 

神戸市の条例では、議員1人当たり月38万円を支給することが定められています。

 

橋本市議も「ハシケン通信」というチラシを作成していました。

 

 

2010~14年の5年間では、計12回「ハシケン通信」を発行。そのうち8回は、「大林印刷」に発注している。

 

「大林印刷」に支払った政務活動費は、720万5330円でした。発行部数は8回で56万5000部でした。

 

という事は、1部12.8円。高くないですか?nagoyanもチラシ印刷を発注しますが、激安印刷の「ラクスル」ならもっと安いでしょうね。

 

発注先として領収書に記載された印刷会社の代表A氏について、友人か?の問いには「友人というか、知り合いであったことは間違いありません」と、知人であることを認めた。

 

「知り合いであった」という言い方は、何かあったのかなと思っちゃう言い方ですよね。

 

橋本市議と大林印刷の代表はどういう関係なのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

大林印刷(仮名)との関係は?

 

・ホームページがない

・所在地も電話番号もネット上では見当たらない

と大林印刷が怪しいんです。

 

「週刊新潮」の記事によると、大林印刷は住宅街の中にある4階建ての住宅にある。

 

この住所をネットで検索すると、「トレンド(仮名)というポルシェやアウディなどを販売している輸入者販売会社でした。

 

「トレンド」の代表の名前は「大林」。「大林印刷」と関係あるのでしょうか?

 

大林氏の知人によると、2人の出会いは神戸の青年会議所でした。お互いに車が好きですぐに仲良くなりました。

 

ん~車屋さんが印刷もやっているなんてどうなんでしょうね。個人でやっている可能性もありますけど。わざわざ怪しまれる印刷屋に発注するなんて普通ありえないです。

 

 

今井絵理子参院議員との不倫疑惑や今回の政務活動費着服疑惑といい、橋本健神戸市議にはしっかりと説明してもらわねばなりません。

 

 

橋本健神戸市議と今井絵理子参院議員との不倫疑惑はこちら

 

 

 

コメント