山口達也メンバー逮捕(強制わいせつ容疑)?相手の女子高生の顔画像は?

人気グループ「TOKIO」の山口達也メンバーが、自宅マンションの部屋で女子高校生に強制わいせつをしたとして書類送検されました。今回は、山口達也メンバーのわいせつ事件のあらましと相手女性や顔画像について調べました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

山口達也メンバーのわいせつ事件のあらまし

 

捜査関係者によりますと、「TOKIO」の山口達也メンバー(46)はことし2月、東京・港区の自宅マンションの部屋に女子高校生を呼び出し、無理やりキスをするなどのわいせつな行為をした疑いが持たれています。

 

これまでの調べによりますと、女子高校生とは仕事を通じて知り合い、部屋に入ると酒を飲むように勧めたということです。

捜査関係者によりますと、これまでの事情聴取に対して事実関係を大筋で認めているということで、警視庁は強制わいせつの疑いで書類送検しました。

 

関係者によりますと、山口メンバーの所属事務所と被害者側が話し合った結果、被害届を取り下げる手続きを行ったということで、今後、検察が調べるものとみられます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180425/k10011417181000.html

 

いや~山口達也やっちゃいましたね。

 

相手女性は女子高生って未成年でしょ。留年していて成人って可能性もあるけど未成年だよね。

 

女子高生とは、仕事を通じて知り合ったとあるけどなんの仕事だろう?

 

未成年と知っててわいせつな行為するなんて完全アウトだね。しかもイメージを大切にするジャニーズ。

 

ジャニーズ事務所のタレントが未成年にわいせつな行為をするって初めてじゃない?

 

謹慎ですまないかもね。芸能界引退もありえるんじゃないかな。飲酒も勧めているしね。小出恵介も芸能界復帰していないし・・・。

 

好感度のいいグループだけに他のメンバーが可愛そうです。鉄腕ダッシュや、ボンビーガールはどうなるのか。放送するのでしょうかね。

 

早くもNHK「Rの法則」は幼児向けの別番組「ピタゴラスイッチ」になりました。

 

Rの法則」といえば、女子高生がメインですからも降板になるでしょう。

 

え?

まさか、この番組に出ていた子なのか・・・

 

 

スポンサーリンク

相手の女子高生の顔画像は?

 

 

やはり後ほど報道で、「女子高校生とは仕事を通じて知り合った」さらに、山口達也さんは「事実関係を大筋で認めている」そうです。

 

この中にいるかもしれないですね。


出典:http://girlschannel.net

 

 

可愛い子が揃っているとオスになるのでしょうか。

 

しかし、可愛いくて美人な山口達也さんの元嫁は、今どう思っているのでしょう。

 

【追記】

相手の女子高生が判明しました。

赤沼葵(あかぬまあおい)が山口達也の相手と判明か?高校はどこ?【Rの法則】

 

スポンサーリンク

山口達也さんの嫁のプロフィール

 

TOKIOの山口達也さんは、2008年3月に仙台出身の元レースクイーン高沢悠子さん(たかざわ ゆうこ)と結婚(デキ婚)しました。

 


出典:http://g-forum3.com

 

本名:高沢悠子(たかざわ ゆうこ)
生まれ:1977年
出身:宮城県仙台市
職歴:元モデル・レースクイーン

 

しかし、2016年8月に離婚を発表。

 

現在は2人の子供がいます。

2008年5月に第一子の長男「笑太郎くん」

そして、2010年9月には第二子の次男「幸次郎くん」が誕生しています。

 

この報道を見て、子どもたちはどんな思いなのでしょうか。長男は、来月10歳になり、一番ナイーブな時期でこの報道。離婚していて、一緒に暮らしていないとしても父親が犯罪者となると、かわいそうすぎます。

 

 

 

スポンサーリンク

過去にも犯罪歴があった!

 

2011年8月、山口達也さんは、車線変更禁止区域で車線変更をし、運転免許の期限がきれているのがわかりました。

 

道路交通法違反(無免許運転)の疑いで、東京地検に書類送検されましたが、その後、不起訴となっています。

 

 

さてさて、明日の『ZIP』もどうなっているのでしょうか。

 

 

【山口達也メンバー関連記事】

赤沼葵(あかぬまあおい)が山口達也の相手と判明か?高校はどこ?【Rの法則】

 

山口達也メンバー逮捕(強制わいせつ容疑)?相手の女子高生の顔画像は?

 

山口達也メンバーって報道する理由は?容疑者じゃないのか?

 

山口達也の示談金はいくら?強制わいせつ罪とは?【TOKIO解散危機】

 

コメント