ダイエット

ウォーキングダイエットの4つメリット!正しい方法を公開!

投稿日:2017年4月26日 更新日:

 

体内に蓄積されている脂肪を燃やすには、ウォーキングダイエットがおすすめです。

ウォーキングは手軽に始めることができますし、軽い運動なので、高齢の人でも、運動不足の人で、安心して取り組むことができます。

ダイエットに効果があるといわれていますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

正しい方法と注意点も合わせてご紹介します。

 

 

【スポンサーリンク】

ウォーキングダイエットの4つのメリット

 

1.専門性の高い道具や設備がなくてもできる

2.体力に自信がない人、肥満体型の人、出産後の人も負担が少ない

3.ストレスを軽くする作用

4.心筋梗塞や脳梗塞ばどの血液疾患のリスクを下げる効果

 

靴さえあれば、今日にでも始めることができるので、忙しい人でも老若男女問わずに手軽に始めることができるのがウォーキングダイエットです。

たくさんメリットがあるので、ウォーキングダイエットにぜひ取り組んでみましょう。

 

 

さらに、ウォーキングは有酸素運動です。

有酸素運動とは

体内の糖質や脂肪が酸素とともに消費され、健康促進効果が期待できる運動です。

 

激しい運動でもないので続けられる運動ですね。今からでも出来ますね。やろうかな~!と思ったら今からやってみてはどうですか?

 

【スポンサーリンク】

ウォーキングダイエットの正しい方法

 

 

ウォーキングダイエットと言ってもただ、歩けばよいわけではありません。効率よくダイエットするには、どうすればよいのでしょうか?

 

ウォーキングする時間は?

まずは、週に合計3時間のウォーキングをしましょう。

可能なら毎日ウォーキングをすることが理想的ですが、そうでなくても3日以上の休みを挟まないようにして、無理な計画はやめましょう。

 

いつウォーキングするの?

空腹時の行うのがベストです。

できれば体の疲れていない朝のうちにウォーキングするのがおすすめです。

 

ウォーキングする時の注意点は?

 

ウォーキングする時には、視線は前5メートルくらい、顎は軽く引き、背筋が曲がらないように注意しながら、良い姿勢で歩くように心がけます。

深く息を吸った時にたくさん体内に酸素が入るように、胸を広げて歩くようにするといいでしょう。

必要以上に肩に力が入っていると肩が凝りやすくなりますので、上半身の力を抜いて歩きます。

正しいウォーキングをして、ダイエットの効果をアップさせましょう。

 

 

ウォーキングダイエットを継続するには?

 

無理のない計画を立てる

これこそが、ウォーキングダイエットを長く続けるためのコツです。

ウォーキングは体内でのカロリーの燃焼スピードがそれほどよくはありません。

 

ほとんどの人がウォーキングダイエットを試みて、途中で諦めてしまいます。

 

ウォーキングのメリットは、時間がないという人でも、通勤、通学の時間や、バスや電車の移動を一駅分歩くなどできるところです。

スケジュールがきつきつで、とても歩く時間ができない場合は、週末など時間のある時にウォーキングの時間を入れるといいでしょう。

ほとんどの場合、開始した直後はダイエットへの高い意欲を持っていますが、ダイエットを成功するためには、継続することが大事です。

また、筋肉痛になったことで、途中で止めてしまうという方もいます。

基礎代謝の高い体質になるためには筋肉量が必要ですから、筋肉痛になるということは、筋肉が大きくなるので、痩せ体質に近づいていろということです。

ウォーキングの後のストレッチなど取り入れるといいでしょう。

さらに、一人で歩くより、二人くらいで歩いたほうがお互い刺激があっていいかもしれませんね。

 

まとめ

 

nagoyanは歩き方をまとめました。

●一歩の幅を大きくする。ちょこちょこ歩きはダメ!

●背筋は伸ばして、姿勢よく歩く。

●歩くスピードは少し速め。

●腕は軽く振って歩く。

●『必ず毎日しないといけない』ことはない。無理せず、最低週3日はやること。

やはり、続けることが大事です。無理せずに楽しくやりましょう。

【スポンサーリンク】

-ダイエット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レコーディングダイエットはノートよりブログの方が効果的!

    ノートに食べた物とカロリーを書くだけという誰でも簡単に行えると評判のレコーディングダイエット。 実はノートより効果的にダイエットできる方法がブログなんです。 ただ、両者とも …

小顔になる方法を公開!マッサージと簡単エクササイズを伝授!

  最近はテレビで、モデル出身のタレントさんが活躍されています。 小顔のモデルさんを見て 「顔が小さい」 「あんな風になりたい」 と思う方も多いはず。 顔は、痩せやすい人と痩せにくい人がいる …

内臓脂肪を減らす方法は?おすすめの食事と運動を紹介!

  内臓脂肪をほったらかしにすると生活習慣病に・・・。 内臓脂肪は皮下脂肪と違い気付きにくいのが特徴です。 健康診断で初めて気付くケースも。 生活習慣病の原因にもなるので、なるべく早目に対処 …

ダイエットを短期間で成功させる方法と間違ったやり方を公開!

  ダイエットの方法はたくさんあります。 短期間で急激に体重を落とす方法と、ゆっくりと徐々に体重を落とすやり方があります。 あわてずにゆっくりと時間をかけて継続するダイエットがリバウンドもし …

ウエストを細くするには?ひねることと腹筋運動がおすすめ!

  ウエストを細くするために効果的な方法は腹筋を鍛えることです。 体重が増えてきたなと実感するのは、ウエストまわりに脂肪がついてきたときです。 スカートの留め具が止めづらくなったり、ズボンを …