関係者各位と関係各位の違いや使い方は?意味や例文も調査!

ビジネスメールや文書の書き出しで見かけることのある「関係者各位」や「関係各位」という表記。 どちらが正しいかわからないない人もいると思います。また、「各位」の後に「様」や「殿」はつけた方がよいのか悩む場合もあります。  今回は、関係者各位と関係各位の違いや使い方を調べると共に、意味や例文についてもまとめましたので、参考にしてください。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

関係者各位と関係各位の違いは?

 

関係者各位と関係各位にはどういった違いがあるのかわからない人もいるのではないでしょうか。

メールや文書の初めにかかれていることが多いですが、正しい使い方や誰に対して使うのかなど正確に説明するのは非常に難しい言葉です。

 

もう少し分かりやすい言葉で表現をすれば、関係者の皆様や関係している皆様へという意味になります。

 

各位というのは皆さまという意味ですから、実は関係者も関係もほとんど連絡等を伝えたい相手に違いがないというのが結論になります。

 

関係者各位や関係各位という言葉は一見ぶっきらぼうに感じるかもしれませんが、各位という言葉が皆様へという意味だと分かると非常に丁寧な言葉遣いだということが分かると思います。

 

目下に対してだけでなく、皆様という非常に丁寧な言い回しを使っているのと同じですから、目上の人にも問題なく利用することができます。

 

上司も部下も関係なく、また外部の人向けにも問題なく利用できる言葉になります。

 

 

 

スポンサーリンク

関係者各位に様をつけるのはおかしい?

 

目上の人にメールや文章を出すときには、相手を敬って様をつけることがあります。

 

通常名前に様を付けるのはおかしなことではありませんが、関係者各位に様を付けてしまうとおかしい敬語の使い方になってしまうので気を付けましょう。

 

各位という言葉が少しきつめに感じる人もいるようですが、皆様へという意味ですから敬語としても非常に丁寧な言い回しになっています。

 

だから皆様へといっているのにさらに様をつけるとおかしいことになってしまいます。ちゃんと意味が解っている人からすれば、言葉の意味も解らないマナーを知らない人と勘違いされてしまうかもしれません。

 

せっかく気を使っても間違った使い方をしていれば意味がありませんので、関係者各位を使用するときは、他に余計な言葉を付けないようにしましょう。

 

目上にも目下にもお客様にもすべての人に向かって使える言葉なので、文章やメールの書き出しとしては、非常に便利に使える言葉になります。

 

 

 

スポンサーリンク

 関係者各位の使い方や例文は?

 

ビジネスシーンでは個人ではなく多くの人にメールや文章でお知らせをしなければいけないことが良くあります。

 

部下や同僚だけでなく上司や取引先、さらにはお客様などたくさんの人に向けてお知らせなどをする場合には、個別に宛先を用意するのは大変です。

 

そこで関係している皆様へという意味で便利に使えるのが関係者各位です。

 

関係者すべての皆様という意味で使えますから、誰宛でも問題がなく丁寧な言葉遣いだといえます。

 

各位というのが皆様へという意味なので、もう少し丁寧に使いたいときは、相手が取引先ならば、取引先各位といった使い方も可能です。

 

例文としては、使うときのシチュエーションを説明すると、社内全体にメールの一斉送信で連絡をするときの使い方として、件名に関係者各位と書いて分かりやすい件名をもう一つ書いておけば、全員が対象のだということが分かります。

 

各位が丁寧な言い回しだと分かっていると様や殿を付ける必要がないことが理解できると思います。

 

 

コメント