横浜高校野球部でパワハラ動画?金子雅部長と平田徹監督の顔画像と経歴は?

横浜高校野球部で、責任教師の金子雅部長が部員に対し暴言や暴力を繰り返しているとの声が現役部員から上がっています。

 

また平田徹監督がこうしたパワハラを黙認し、監督自身もパワハラをしていたという指摘もある。

 

横浜高校野球部内でパワハラはあったのでしょうか?

 

今回は、金子雅部長と平田徹監督の顔画像と経歴についてまとめました。

 

 

スポンサーリンク

横浜高校野球部でパワハラか?

 

 

現役部員によると、金子部長が日常的に「死ね」「殺すぞ」「やめちまえ」「クビだ」といった暴言を頻発しているのを、多くの部員が見聞きしているという。

また複数の部員が「金子部長が、平手で部員の胸の辺りを突き飛ばしているのを見たことがある」と話した。

横浜高校野球部で暴言、暴力 責任教師、部員に「クビだ」(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース
横浜高校(横浜市金沢区)の野球部で、責任教師の金子雅部長(42)が部員に対し暴言や暴力を繰り返しているとして、問題視する声が現役部員から上がっていることが25日分かった。平田徹監督(36)がこうした - Yahoo!ニュース(カナロコ by 神奈川新聞)

 

横浜高校野球部といえば、春夏5度の全国制覇を誇る高校野球界の名門です。

 

1968年からチームを率いていた渡辺元智前監督から2015年秋に平田監督が引き継ぎ、金子部長が就任しています。

 

16年から夏の神奈川大会3連覇を成し遂げたが、今年の夏、県秋季大会ともベスト8で終わっています。

 

 

横浜高校ほどの強豪校ならば、勝利至上主義になるのはわからなくもありませんが、指導者の人間性がなっていないと言わざるをおえません。

 

これまで全国から実力のある中学生が来ていたかもしれないが、野球の技術も人間性も向上出来ないなら、今後の入部希望者も減るでしょう。

 

監督、部長が変わらないなら、横浜高校の低迷期が来るかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

金子雅部長の顔画像と経歴は?

 

 

金子雅部長は、横浜高校のOBで25歳の時に社会科教員として母校に戻り応援指導部の顧問をしていました。

 

金子雅部長は、野球部寮に週4日泊まり込み、週末は有望選手を視察するために全国を飛び回るという プライベートの時間はほとんどないほど、野球に掛ける燃えるような情熱を持ち合わせる方です。

 

こういった堅実な人間性が認められ、前・渡邊監督の元で縁の下の力持ちとしてチームの力になってきました。

 

 

腹を立てているといった風な言い方だったものの、理不尽なということはなかったようです。

 

そもそも言い方がキツメな方なんでしょうか。 部長になったことで、多大な責任感がのしかかり、この度のような暴言や暴力をするように変わってしまった可能性があります。 。

 

 

 

スポンサーリンク

平田徹監督の顔画像と経歴は?

 

 

 

 

コメント